(持続可能な開発目標)への取り組み

SDGsとは?

Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)の略で

2015年に国連総会で採択された
2016年から2030年までの

「世界を変えるための17の目標」です。

横浜ライト工業株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています 横浜ライト工業株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

横浜ライト工業株式会社は持続可能な
開発目標(SDGs)を支援しています

新技術の開発

新技術の開発

NALT工法

孔内の均一な埋戻しが可能となる新技術を開発しました。
トルネード上昇による吸引循環で毎分3㎥の高吐出で攪拌時間を短縮します。
攪拌に伴う重機が不要となり、工期短縮やコストダウンが可能となります。

プラント設備
が不要
燃料と二酸化炭素
排出ガスの削減
ミキサー車による
輸送が不要
燃料と二酸化炭素
排出ガスの削減
循環による
セメント粉体添加
セメント使用量が
20〜30%削減
杭長に応じた
適切な量の
セメント添加
材料の無駄を回避

太陽光発電事業

太陽光発電事業

鹿児島県霧島市にソーラーパネルを設置し、太陽光発電事業を行っています。森林面積換算では東京ドーム60個分にあたります。
2020年に増設し、おおよそ290世帯分の電力を供給しています。

CO2削減量は年間約300t。

未来につなげる活動

未来につなげる活動

さまざまな社会貢献や環境活動を行っています。

  • 現場周辺の朝清掃
  • どんぐりの苗を育て植樹活動
  • 杭を1本抜くごとにワクチンを5本寄付
  • クラウドによる現場管理でペーパーレス化

職場環境の充実

職場環境の充実

従業員全体が働きやすい環境を目指しています。

  • 通常の健康診断に加えMRIやCT検査の実施
  • 全社員の先進医療保険加入
  • 技能実習生の受け入れ
  • ハラスメント窓口の設置